<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

post time:
category: -, auther: スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト

これも自分と認めざるをえない展 オープニングトーク

post time: 23:20
category: ブクマ・ニュース・レポート, auther: minol
六本木ミッドタウンにある、21_21 DESIGN SIGHTにて佐藤雅彦さんディレクションの『これも自分と認めざるをえない展』が開催されています。


運よく佐藤雅彦さんご本人のオープニングトークを聞いてくる機会がありましたので、そちらのレポでも書こうかなと。

トーク内容は大まかに2つで、
1.会場の「属性」を知る
2.展示内容の説明
でした。

今回の展示は「属性」がテーマになっており、いつもは「解決」としてのデザインがあるのが普通だけれども、見終わったあとにでっかい疑問を持ち帰るような展示にしたかったということです。
佐藤さん自身、自らいろいろ説明してあげたいぐらいだそうw

read more...
comments(0) | trackbacks(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - これも自分と認めざるをえない展 オープニングトーク

Websig「B2B企業のWebサイト」に参加してきた

post time: 18:12
category: ブクマ・ニュース・レポート, auther: minol
Websigに参加してきました。
テーマは「B2B企業のWebサイト」
http://websig247.jp/b2b_project/000187.html




ワークショップの内容としては
「WEB商材って何?」
「toB商材のWEBサイトを考える」
の大きく2つをやりました。

営業フローの一部をWEBに担わせる、っていう考え方をされていたんですが、toBの場合そこの切り分け難しいですよね。
というかtoBで区切るとすれば課題は別のところなんじゃないかなー、とも・・・。

toBのwebサイトって所謂「企業サイト」になりがちだけど違う「サイト」もあるし。
WEBの使い方って、「顧客向けサイト」だけじゃないとも思うんですよね。
そこのところを掘り下げても面白いかも。

まあ、宿題として出ていた【B2Bビジネスの課題改善に役立つWeb活用の事例を探す】っていうのは、まさにそういうところだと思うのでこの辺の共有はちょっと楽しみだったり。

ちなみに懇親会ではさらに話は広がりデザイナーとは、という話で盛り上がったり、
この日はW杯の試合があったためそっちに夢中な方もいたりなどw
だいぶにぎやかで楽しませて頂きましたー。

参加された皆様お疲れ様でした!
comments(0) | trackbacks(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - Websig「B2B企業のWebサイト」に参加してきた

HCD-Netサロン「これからのHCD」に参加してきた

post time: 17:47
category: ブクマ・ニュース・レポート, auther: minol
そういえばちょっと前の話になりますが、HCD-Netサロン「これからのHCD」というものに参加してきました。

詳しいお話は他のブログなんかでも掲載されているようなのでちょっとそこは置いといて、私が個人的に気になった事メモ。

当たり前ではありますが、どうしても"マーケティング"とどう絡んでくるかを意識しつつこういうの聞いているフシがあります。

この手の話の中でよく出てくるsutisfactionってザッポスの本の中に出てきた「WOW」と根っこで通じるところがあるのかなー、とか。
あと逆にマーケの中では出てこない(話題になりにくい)概念がefficiencyかなー。
製品段階で初めて出てくる概念だしねー。とか。


なんてことうっすら気にしつつ、あれ?と気になったのが、
デザインという立場から見た「マーケティング」という概念ってまだまだ浸透していないのかな?という事。



そもそも私の考えの中ではマーケティングと概念の中にHCDというものがあると思っているんですが、この日の話の中で
マーケティングというものは現状『購入前の期待値を高める』役割を担ってる、といった説明がありまして。
(ちなみにこの話をされていたのはWEBではなくプロダクト寄りの方です。)

なるほど、マーケティングという言葉って確かにWEBでのみ独り歩きしてる言葉なのかもしれない、と。

本来であれば経営とワンセットになった、4P(あるいは4C)や顧客対話・資源配分全て含めたところでの全てを循環して廻す為の仕組みを「マーケティング」と総称していると思うのですが、商品・サービス製作の最初の1手にしか使われていないと考えられているのかも。
いわゆるリサーチ→設計の話。
ホントはWEBだってその一部に過ぎないんですけどね。

そしてそこを埋めていくのがHCDという考え方なのでしょう。



それにしても、マーケでも最近は「顧客との対話」といった感じの話が盛んに出てきたりしているようですし、どの分野で区切っても結局向かうところは「ユーザー」だよね、っていう流れが来ているのかなぁと思いました。
もうすこしここの間をつなげる人がいても良い気がする。


んー、いつにも増して「思う」とか「かも」とか推測ばっかりの書き散らしエントリになりましたw
もややや。

なーんてぐらぐらしてたら、タイムリーなエントリに出会いました。
この辺も含めてもちょっと考える。
旧世代の人たちが淘汰される時代が始まったよ

comments(0) | trackbacks(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - HCD-Netサロン「これからのHCD」に参加してきた

帰ってきたWeb研 Vol.3 に行ってきました

post time: 23:34
category: ブクマ・ニュース・レポート, auther: minol

先週のお話にはなりますが、帰ってきたWeb研 Vol.3 に行ってきました。
「情報アーキテクチャ(Information Architecture)」に関する概要のお話です。

講師はネットイヤーの坂本 貴史さん。
ブログはこちら:http://www.bookslope.jp/blog/
(かなりタメになる情報が掲載されております。)

マーケターの肩書きを持ってはおりますが、制作現場に近いことも平行してやっているためこういったセミナーも結構足を運んでいたりします。
特にIAは前々から大事にしたいと思ってる分野。
こうしてセミナーに参加できたのは結構嬉しかったり。

講演の内容は、いつものごとくToggeterに。




スキルではなく知識、っていうのには凄く同意です。
まだまだ導線と情報構造の区別が理解されにくいのは、ここの理解に乗り越えるべきポイントがあるように思います。


本講演でも紹介されていたIA100は私も最近買いましたがなかなかまとまってて良いです。
オススメ。

評価:
長谷川 敦士
¥ 3,360
(2009-10-28)
Amazonおすすめ度:
本書のIA設計が失敗しているのが残念だが、有用な本
IAが気になるなら、まず読むべき。
Webサイト 骨組み設計の本

comments(0) | trackbacks(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 帰ってきたWeb研 Vol.3 に行ってきました

イラストレーターになろうとしている方向けの勉強会

post time: 13:35
category: ブクマ・ニュース・レポート, auther: minol

ちょっと宣伝。

先日のデザイン勉強会で一緒にスタッフをやらせていただいた、イラストレーターのアサイアチエさんがイラストレーターの卵向けの勉強会を開くそうです。

【お仕事がもらえるイラストレーターのちょいテク勉強会】



「イラストレーターになりたいけど、どうすればいいかわからない」という人から「ブログをやってるけど、仕事に繋がっていない」という方向けに
『どうすれば仕事に繋がるのか』
を話せたらと思っています。

アサイさんはちいさくてほわっと癒し系なのに、おしゃべりさせていただくとなかなかナイスな物言いをしてくださる方で、ギャップにとてもハートを掴まれておりますw
イラストレーター アサイチエ

スピーカーでは、そのデザイン勉強会主催者でもありましたまめこさんも出るそうです。


私も行こうかなw


□□ 概要 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

日程:2010年3月20日(土)
時間:未定
会場:未定(東京23区内で探し中です)
参加費:未定(会場が決まり次第お知らせします)
定員:20人

<スピーカー>
基本編: アサイチエ @asai_chie さん
応用編: 永崎ひまる@himaruchan さん
発展編: 石嶋未来(まめこ)@woopsdez さん


となっております。
ご興味のある方はこちらのサイトよりどうぞ〜。

comments(0) | trackbacks(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - イラストレーターになろうとしている方向けの勉強会