<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

post time:
category: -, auther: スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト

アサヒSoupcafeで考えたフェイスのこと。

post time: 14:54
category: マーケティング, auther: minol
 最近発売されたアサヒのsoupcafe。

電車の車内広告に「コーヒ?いいえ、スープです。」のコピーで一時期目に付いて気になっていました。

twitterでの評判はコチラ。
http://twitter.com/#search?q=soupcafe

広告に対する反応と商品に対する反応が様々ですね。
(こういうちょっとした反応が拾いやすくなったのはtwitterのおかげ。)

コピーがパクりなんじゃないかとか、ココアはスープじゃないだろうとか、粉モノなんだからステア用のスプーンなり何なり欲しいとか色々あります。



で、いざコンビニになって気になったのがフェイスの取り方。

こちらがとあるファミマでのsoupcafeの位置
Photomemo

105885
インスタント食品の位置。


で、こちらがそこからちょっと離れたローソンでの位置
Photomemo

105884
カップスープのくくりでお弁当の位置。



購買までのシナリオ上で言うこの現場のフェイス状況って,ドラックストアなんかを見てると、すごく分かれるなぁと感じる部分です。
シャンプーとか特に。

コンビニで言うと野菜ジュースがサンドイッチの隣におかれたりとかしますね。





どんなに広告で認知させても、良い製品を作っても、手にとらせなければ買ってもらえない。

それは呼び込み先が店頭でなくても同じことなんですよね。


comments(0) | trackbacks(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - アサヒSoupcafeで考えたフェイスのこと。

スポンサーサイト

post time:
category: -, auther: スポンサードリンク
- | - | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト

Comments

Leave a comment










TrackBacks

TrackBack URL

http://s-somewhere.jugem.jp/trackback/356