<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

post time:
category: -, auther: スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト

施策の効果検証について

post time: 22:41
category: 効果測定・アクセス解析, auther: minol
ある施策を実施した際に、「効果検証」のというものはどうしても無視できないものです。

先日の宣伝会議の講座でもひとつのテーマとして取り上げられるぐらい、企業の宣伝担当にとっては重要な課題ですね。

そんな中、先日ニュースサイトにて掲載されていた記事。

エコポイント効果は“強烈”、7月の薄型テレビ販売台数
『この傾向はエコポイントの始まった5月を境に顕著になっており、BCNでは6月下旬にエコポント交換商品の詳細が発表されたことで大幅増につながったと分析している。』


とありますが、もとのBCNの分析はコチラです。
まぁ、似たようなことが書かれています。

つまり、5月から薄型・大型TVが売れているのはエコポイントの影響だ、と。


んー・・・・?
こと家電製品全体にあたってならまだしも、この「液晶TV」という商品については、エコポイント以外の外部要因が多すぎないですかねぇ。

たとえば、もうすぐデジタル放送へ移行となりますが、某芸能人が逮捕されてキャラクターが立てられたのって、4.28なんですよね。
良くも悪くもニュースになったことにより、「地デジ」問題が自然と消費者の間で想起され、購入契機となったともとれますよね。

または、メーカーのTVCMの投入量も影響しているかもしれない。
店頭の販促キャンペーンなどの状況は?


あるキャンペーンの効果検証をする場合、外部影響の変数を一定にしないと正しい検証とはいえない、とも言います。

ホントにエコポイントの影響比較を検証したいのであれば、対象商品すべてに対し行うべきであるし、単純に液晶TVの売り上げだけを取り上げたいのであれば、外部要因の列挙をひとつに限定するべきではないと思うのです。


と、いうわけで企業の宣伝担当者の皆様には、部署同士の横のつながりを絶対に忘れないでほしいな、と。

そして自戒も込めて。


JUGEMテーマ:ビジネス
 
comments(0) | trackbacks(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 施策の効果検証について

スポンサーサイト

post time:
category: -, auther: スポンサードリンク
- | - | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト

Comments

Leave a comment










TrackBacks

TrackBack URL

http://s-somewhere.jugem.jp/trackback/284